運動は、「生きる」を強くする。

お問合せ
お申込み

03-6447-2454

受付時間 平日9:00〜17:00

2021.06.21

レッスンエピソード【体育の家庭教師:自転車のレッスン】

皆さん、こんにちは。
アクア・子ども体育教室「からだの森」の元吉です!

からだの森では、専用のレッスンスタジオで実施するレッスンの他に、外で実施させていただくレッスンコースがございます。

体育の家庭教師のご紹介★―――――――――――――――――――――――――
からだの森の専任スタッフがお客様のご希望の場所(公園、お客様のご自宅、マンション内スタジオなど)にお伺いし、マンツーマンレッスンを実施させていただきます。
※ご兄弟、お友達でのグループレッスンも実施いたします。(定員は2名様まで)
(対応可能地域:渋谷区、港区、新宿区、千代田区のみ)
――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

体育のレッスンと言うと、鉄棒やマット、跳び箱などをイメージされるかもしれませんが、弊社ではバスケットボールやドッジボールなどの球技や自転車の乗り方のレッスンも実施しております。
今回はその中から自転車の乗り方のレッスンエピソードをご紹介します。

ご受講者様は、現在小学2年生の女の子でダウン症のお子様です。
初めは少し人見知りがあり、恥ずかしがり屋でしたが、とても明るいご性格です。
からだを動かすことは好きなのですが、できないと思うと諦めがちな部分があります。
昨年の5月からレッスンのご受講をいただき、当初は月2回ペースだったところ、現在ではほぼ毎週レッスンをご受講いただいています。

初めは自転車には全く乗れない状態だったため、一から練習をスタートしました。
まず、自転車からペダルを外し、自転車をこぐのではなく足で地面を蹴りながら進み、バランスをとる練習から始めました。
この練習を始めた段階では、地面をける力が弱いため、進むスピードがつかず、バランスをとることに苦労していました。
なかなか進歩しないことに対して、悔しさから「無理」「できない」と連呼していましたが、「絶対できるから」と励ましながら一生懸命に練習を繰り返すうちに、コツを掴んだようで、スピードが上がってバランスをとれるようになり、地面をけってから両足を上げて数秒乗れるようになりました。
コツを掴むまでに少し時間はかかりますが、諦めずに練習を積み重ね、コツを掴んだ後の進歩の速さには驚きました。

次のステップとして、ペダルを付けて足を回す練習をしました。
この練習でも、足を回しながらバランスをとることに苦労して何度も挫折しそうになっていましたが、倒れないように補助をつけながら走っていくうちに足を回す力が段々とつき、スピードが出てくると、爽快感を感じたのが気持ちよかったようで、自分から意欲的に練習するようになりました。

その後も、補助をしながら自転車に乗っているうちに、補助している手の力がいらなくなることが多くなってきたので、手を離してみたところ、5秒ぐらい補助なしで乗れるようになってきました。
この段階から、補助をする時間をなるべく減らしていき、自分の感覚でバランスをとれるように練習していきました。
練習を重ねた結果、スピードがつけば直線で20mぐらい補助なしで、ひとりで乗れるようになりました。

次は目印を置いてそれを回る練習を行いました。
初めはハンドルを切るのが甘く、曲がり切れなかったり、急にハンドルを切ってしまって転んだりと失敗していましたが、段々とハンドルのコントロールができるようになり、右回りも左回りも安定してできるようになってきました。

この段階でだいぶスピードを出して乗れるようになってきたので、しっかりとハンドルのブレーキをかけて止まる練習を始めました。
これまでは、止まる時にブレーキを握ってはいましたが、ほとんど足で止めてしまっている状況だったので、ブレーキをしてから足を下ろすように練習し始めたところ、最初の段階ではブレーキを握るのに苦労していました。
しかし、何度も止まる練習をしていくうちに握力も付いてきたようで、ブレーキを強く握れるようになり、1人でブレーキをかけて止まれるようになりました。

ここまでくればあともう少し!

残すはスタートのこぎ出しです。
初めは、スタートをする時に、どうしても足を目で確認しながらペダルに乗せるので、バランスをうまくとれずに倒れそうになり、足を着いてしまってスタートができませんでした。
そのため、倒れないように補助をつけて、目線を落とさずにバランスをとることに集中した状態で練習をしたところ、だいぶ目線を前にして足を乗せられるようになってきました。

現在、このこぎ出しの部分を練習中ではありますが、こぎ出しができれば完成です!
一般的に、お子様が自転車に乗れるようになるまでは、毎日しっかり数時間練習して約2週間かかると言われています。
今回のお子様の場合、月に2回~4回、1回あたり30分程の練習時間の中で、約1年間と時間はかかっていますが、毎回コツコツ頑張っている姿と、上達の具合は小さくても確実に上達していくお子様のご様子に、ワクワクとドキドキのレッスンで保護者様と一緒に感動の連続を味わっています。

軽やかに颯爽と自転車に乗っている姿を見れる日はすぐそこまで来ています。
ラストスパート!一緒に頑張っていきたいと思います!