運動は、「生きる」を強くする。

お問合せ
お申込み

03-6447-2454

受付時間 平日9:00〜17:00

2022.05.02

【2022年 採用情報】

アクアこども体育教室「からだの森」では、体育指導インストラクターとして自身の可能性を広げたい新しい仲間を募集しています。

ご自身のキャリアを活かしたい方、体育が好きな方、子どもたちに体育の可能性を伝えていきたいとお考えの方は是非ご応募ください。

詳しくは<こちら>をご参照ください。






先輩スタッフの声

(入社6年目/体育インストラクター)

■この職業を目指した経緯 
私は、子どもの頃から運動をすることだけが取り柄でした。 
小学校ではバスケットボールクラブに入り、習い事として体操、ソフトテニスをやっていました。 
中学校ではバスケットボール部と陸上部(バスケットボール部引退後~中学校卒業までの約半年間)に入り、高校でもバスケットボール部、大学では何か新しいものに挑戦したいと思い、ラクロス部に入りました。 
私の人生の選択肢の中には、いつでも『運動をする・運動に関わる』が根底にありました。
 
 高校時代からは漠然とですが、自分の就きたい職業について考えるようになり、「必ず運動に関わる職業には就きたい」というのは揺らぎませんでした。
 また、子どもの頃の学校の先生方や体操の先生がとても印象に残っており、「先生達はなんでこんなに色んなこと知っていて、何でもできちゃうんだろう。すごいなぁ」と憧れがありました。 
そして、私自身子どもと関わることも好きだったため、そこから「子どもたちに運動の楽しさを伝えられる先生になりたい!」と思うようになりました。 
具体的に自分のやりたいことが見えてくると、大学も「教育+運動について学べる大学に行きたい」というところから選び、そこに受かるために苦手な勉強も頑張ることができました。
 ■株式会社アクアを選んだ理由 
「子どもたちに運動の楽しさを伝えられる先生になりたい」と思い、大学時代には小学校の教育実習、運動教室やフィットネスクラブの職場体験、 子ども向けのスポーツイベントなど、色々な体験をしてきました。
 そこから「運動のインストラクター」という明確な目標が決まり、就職活動においても、子ども向けの運動指導ができる会社に絞って何社も受けました。 
そうして、様々な会社を見ていた中で、私が株式会社アクアに入社したいと思った決め手が2つありました。
 ① 少人数制の運動指導 会社によって様々な指導形態がある中で、大きく分けて「大人数制」と「少人数制」がありました。 私は、少人数制ならではの「お子様お一人お一人と親身に丁寧に関われる」点が魅力に感じ、また、 自身の性格面から考えても少人数に向けた指導の方が合っていると感じた部分がありました。
 
② 研修が手厚い アクアに入社するまで、子どもと関わるアルバイトなどはやっていたものの、私自身は選手としてスポーツに携わってきたため、運動指導というもの自体は未経験でした。 会社によっては、就職試験の時点で指導スキルを問われるところもあり、経験のない私は何もできず終わってしまうこともありました。 そんな中、アクアには私の「子どもたちに運動の楽しさを伝えたい」という思いを受け入れていただき、指導については一から研修をしていただきました。 
研修内容は多岐にわたるため正直大変ではありましたが、マンツーマンでとても丁寧に親身に研修をしていただき、経験のない私にも実践の場をたくさん与えてくださいました。
 ■研修からレッスンデビューまで 
株式会社アクアでは、水泳・かけっこ・体育の指導を行っており、私の場合は体育インストラクターとしての研修を行いました。
 形式としては、机上研修と実技研修に分けられています。 【机上研修】 ・会社の理念や方針の確認 ・ビジネスマナーとお客様対応(現場、電話、メールでの対応) ・お問い合わせ~ご入会までの流れ ・ビジネスモデルや戦略について など‥‥‥
お客様がどのようなお悩みや期待をもって弊社のレッスンをご希望いただいているのかを知ること、市場の流れを知りどのような方針で進めていくべきかなど、 一見、直接指導には関わりがないように思えることですが、このような会社の仕組みや事務の裏側を理解しているからこそ、お客様一人ひとりに合ったご提案が可能になると感じています。 
【実技研修(体育)】 
学校体育で行うマット運動・跳び箱・鉄棒・縄跳びの4種目を中心に、その他にもボール運動や基本の準備体操、体つくり運動など、様々な技や運動を実際に自分で行いながら研修を行います。 
マットの前転一つにとっても、手のつき方や回る時の体の使い方にちゃんとしたポイントがあり、自分は子どもの頃に何気なくやっていた技だったため、 当初はお手本ができれば教えられると勘違いしていた私にとっては、全ての技においてこのような細かいポイントを理解しなければ、人に教えることはできないことを実感した場でした。 
学校体育の4種目だけでもたくさんの技がある中で、こういった細かい点を一つ一つ研修していただきました。 その他にも、レッスン指導案の作り方や色々なお子様のパターンを想定したレッスンの組み立て方などを教えていただいたり、サブコーチとして実際のレッスンに帯同させていただき、 研修で行ったことが実際のレッスンでどのように繋がっているかなどを確認できる機会などもいただきました。
 4月入社から数カ月かけて上記の研修を行い、私の場合はその年の夏にレッスンデビューをしました。 初めて担当するレッスンは、緊張と不安でいっぱいだったことを覚えています。
 ■体育インストラクターになってみて 
まず率直に、「体育インストラクターになって本当によかった!」と思っています。
運動指導未経験から始め、初めはレッスン運びが上手くいかないことの方が多くありましたが、レッスン経験を重ねていくうちに少しずつ身になっていき、 自分の指導でお子様ができるようになって喜んでくれたり、『レッスンが楽しい!』『ありがとう』というお言葉をいただけるようになり、 いつの間にか自分にとっても、色んなお客様と出会えることやレッスンをすることが楽しみになりました。 
また、少人数制だからこそできることがあります。
 ・特に幼児さんの場合、一人でお着替えができるように練習する時間をとるようにしています。 →「先生がお着替えの練習をしてくださったおかげで、保育園でも一人で着替えて畳めるようになりました!」とのお声をいただきました。 
・お子様一人ひとりとたくさんコミュニケーションがとれるため、どうしたら今挑戦している運動が上手にできるか話し合ったり、 こちらが教えるばかりではなく、自分で自分の動きについて反省したり考えたりする時間をとることができます。 →自分で考えて身体を動かす習慣をつけることで、運動への理解が深まり、レッスンの中でもお子様同士でアドバイスをし合う姿が見られたり、 「家でも、子どもが自分でオリジナルのレッスンを組み立てて練習するようになりました。」という方もいました。 
・他にも、「将来は先生みたいな体操の先生になりたい!」、「ここに通ったおかげで、あんなに運動が苦手だった息子が学校でも自信をもってできるようになりました。」、 「今まで運動には自信がなく、私に甘えて何一つ挑戦しようとしなかったのに、ここでは初めてできました。」と涙を流される保護者様もいます。 
このように、運動面の向上はもちろん、自分の指導が少なからずお子様の日常生活や心の成長にも影響を与えていることを日々実感しており、とてもやりがいを感じています。
 株式会社アクアでの仕事は、「スポーツを通じて幸せを提供できる」仕事だと思います。 
指導に不安がある方でも、「運動・子どもが好き」「自分の運動経験を活かしたい」という方は是非お待ちしております!

【採用情報】https://aqua-gp.jbplt.jp/recruit/6112038